「ウチのテレビでyoutube見れんと?」

 

嫁さんのこの一言が、我が家にchrome cast(クロームキャスト)を呼び寄せました。

 

もうお使いの方も多いかもしれません。youtubeやネット動画をテレビで楽しめる非常に便利なツール、Google chrome cast。

 

仕組みはとっても簡単で、自宅にあるテレビ(HDMI端子があるものに限る)にクロームキャストを繋げて、自分のスマホやPCをWi-Fi経由で同期すれば設定完了です。

 

手順は説明するまでもありませんが、簡単にまとめていきたいと思います。

 

 

chrome castを購入

 

楽天ヘビーユーザーな我が家は、楽天からサクッと購入しました。

 

下記のリンクから購入いただけます。

※楽天のページが開きます

 

 

 

chrome castをテレビに接続→セットアップ

 

商品が届いたら、早速機器を取り出してテレビに接続します。chrome cast自体はタバコよりも小さいコンパクトサイズです。

 

 

テレビの側面や背面にあるHDMI端子に接続。テレビの入力切替を行うとこんな画面に。

 

「セットアップ」っていう言葉に抵抗感あるひと多いみたいですが、安心してください、本当に簡単です。

 

やることといえば、自宅に飛んでいるWi-Fiを選択し、そのパスワードを入力することくらい。簡単ですね。

 

スマホやPCにアプリを導入

 

テレビとクロームキャストの設定が済んだら、今度はスマホやPCの設定です。

 

ボクはiPhoneユーザーなので、Google Homeという無料アプリをインストールしました。この中に、クロームキャスト対応のアプリやサービスが一覧で表示されます。

 

主に使うyoutubeアプリも表示されます。Google Homeを導入してから、youtubeの公式アプリに見慣れないマークの表示が。

 

 

上の方にある四角形のマーク、これがテレビ画面との同期ボタンになります。テレビに映したいyoutube動画などを選んでこのボタンをタップすれば即効でスマホで見ている画面がテレビの大画面に同期されます。

 

子育てにも有用

 

そもそもクロームキャストを買った理由がなんだったかというと、一歳半になる娘がスマホでyoutube見るのにどハマりしてしまったことです。

 

スリープ状態の画面からiPhoneを起動し、いとも簡単にyoutubeを立ち上げます。そしてだいたい「鬼のパンツ」か「PPAP」を見ては鳥類のような甲高い声を出して喜ぶのです。

 

スマホのような小さい画面を凝視することになるので、視力が早々に落ちてしまいそうだったことと、座った体制でスマホを握りしめて動画を見るので二重アゴが定着しそうなこともあって、クロームキャストを買うに至りました。

 

そんなに長時間はもちろん見せませんが、娘っころも大画面の動画にご満悦の様子です。

 

 

youtubeばかり見ていますが、よっぽど元の動画の画質が悪くない限りキレイに映ります。便利なものですね。

 

動画閲覧だけでなく、ブラウザの閲覧や音楽の視聴などもできるとのことでした。

 

今後も色々と試してみようと思います。